スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

米津玄師とハチ 別人説2

リンネ

1stCDリリースが大成功に終わり、その勢いをそのままにその後も約月一の投稿ペースを守りながら活動を続けました。

そんな彼を世間が見逃すはずがありません。
ここまでイラストから動画制作までほとんどすべて自作していた彼が、積極的に他のクリエーターたちとのコラボを行っていきます。
それが関係してかせずか、彼の表現の方向性や音楽にも変化が現れていきました。
※彼の音楽の特徴については「米津玄師とハチ 別人説1」を参照


今回は1stCDリリース後から「リンネ」リリースまでの彼の音楽性の変遷を辿っていきたいと思います。
※当初はこのブログ(2)で最後まで書くことを考えていたのですが、、次回かその次くらいには完結させます。ごめんなちゃい





南方研究所との共同制作と音楽の転換


花束と水葬に収録されているclock lock worksでの協働を皮切りに、以後メジャーデビューアルバムまでともに作品を作っていたアニメクリエーターの南方研究所とのコラボが活発に行われました。
※参考【ニコニコ動画】【オリジナル曲PV】clock lock works【初音ミク】
※もともとは南方研究所がハチのPersonaAliceの二次創作をおこなったことがコラボのきっかけでした


南方研究所の作る動画は世界観やストーリーの説明が乏しく、一見すると(いや、二見しようと三見しようと・・・)さっぱりな内容だったりするものが多いのですが、それがまた意味深なハチの歌詞と上手く調和し、独特な質感を持った作品となっていました。


CDに収録された【ニコニコ動画】【オリジナル曲PV】THE WORLD END UMBRELLA【初音ミク】のリメイク版「WORLD'S END UMBRELLA」は、もともとハチ自身が作成していた動画の世界を基軸に、音楽と同様に新たな作品としてリリースされました。




3ヶ月後には南方研究所とのコラボ3作目の「沙上の夢喰い少女」(動画削除済※運営の手違い?で消されたという話も)、さらに2ヶ月後には新たな作品を発表。

このクオリティの動画を数ヶ月で作ることができるものなのか。。。と当時感心していました。


それにしてもこの「ワンダーランドと羊の歌」、素敵な曲ですが聞いた時ちょっと違和感というか驚きを感じました。


なんか、ハチっぽくない・・・・



起承転結のあるストーリー、トチ狂ったドラム、ゴキゲンなグロッケン音、
ハチらしさを構成していたいずれの要素もこの作品では感じることが出来ません。


そう言えば以前のような物語の世界観の説明はこの作品以前からほとんどなくなっていました。


作品の底に流れていたドロッとした質感もこの作品からは受け取れません。
なんかサビの裏で鳴るシンセなのかかすれたミクの声なのかわからない「ランララランララ」というフレーズがドラムと絡んで祭り囃子のような軽やかなリズムを刻んでいていて底抜けに明るい。てかなんでそんな音の使い方思いつくんだよ天才かよ


こんなの、僕の知ってるハチじゃない!うわーん!





実はハチの2ndステージを匂わせていた「ニルギリ」


実はこの兆候はワンダーランドと羊の歌リリースの数日前にリリースされた「ニルギリ」からも受け取れます。


これはニコ動で公開されていた自主制作アニメのEDとして作編曲ハチ、作詞抱きしめたトゥナイト(ちょまいよ)によって作られた作品で、細かいことはあまり説明できる自信がないのでニコニコ大百科など読んで下さい。


にしてもこの曲はいい!こんな感じでシンプルに素敵な曲をかけてしまうことが現在の米津人気を下支えしていると考えても過言ではないと思います。
「1分30秒におさめてくれ!」と制作者側から依頼されたのかな、というのが想像できる曲の長さで、それでもきちんと音楽を完結させてるらへん、アーティストではなくクライアントの要望に答えるデザイナー的な一面も見せられた気がしました。


にしても「シンプルに」と書きましたがこの小気味の良いギターカッティング、ミニマムなバンド構成で作るグルーヴ感、やっぱり全然ハチっぽくない・・・。
あの暗く粘着質な雰囲気はどこ行ったんだ、ドロドロどころかサラッサラだよ・・・
亀田誠治プロデュースと言われても信じてしまいそう、いや、曲はそれくらい本当に素敵な曲なのだけど


あと抱きしめたトゥナイトさんの歌詞もイイ。
「牛乳瓶で体育教師ぶん殴る」とか耳に嫌でも引っかかるフレーズを作っておきながら、最後のサビではそれまでの様々な言葉を1本の線として結びつけるような物語の決着点をこの短い曲の中で完成させています。
※この歌詞が好きすぎて色々Twitterで呟いてたら幸運にもその後抱きしめたトゥナイトさんに自分の作品を作詞をしてもらえたりしました(探してみてね)


あれ、でもなんかいいことづくめのような、、、いやいや、こんなのハチじゃないやい!てやんでえ!





ダークなハチが戻ってきた!
→ゴリゴリの武闘派ギターマッチョになってた





うわぁああハチが帰ってきたー!!このドラム、暗さ、俺達のハチだー!!

いやいや、このゴリゴリのギターサウンド、今までに聞いたことないくらいにバンド感を前面に押し出した曲調。


最初に断っておくとこの曲は私個人としてはハチの好きな曲BEST5に入るくらい好きなのですが、花束と水葬ではあれほど全曲で前面に出ていたハチの十八番のグロッケン音もやはりありません。


異なる表現を模索していたのか、様々な人とのつながりの中で彼の中に変化が現れたのか、(私はその両方と思ってますが)


とにかく彼の作品は変わりました。

書き始めたらまた長くなってしまったのでそろそろ第2部をたたみにかけます。


音楽はオーケストラ音源や環境音などを巧みに使った幻想的なものから、地に足の着いた、ライブ感のある生の音を前面に出すようになりました。


そしてハチが語らなくなった物語は、作者が「語る」ものから受け手に「感じさせる」ものへと変化していった、ということも言えると思います。


そこには自分が「作る」ことで完結していた作品を、そこからさらに周りといかに「共有」するかを考えだしたハチの思考の変化があったのではないかと分析しています。


音楽はよりシンプルな構成でLIVEなどでもコピーしやすく、盛り上がるものに、
物語は、作り手が語ってしまうのではなく、受け手が想像し、それぞれが解釈する余地を残しておくようにした



しかしそのような変化を取り入れても天才ハチが醸し出す世界観が作品の根底に強固として存在し続け、このリンネを聞く限りハチをハチたらしめることに何の支障も見て取ることが出来ません。


シンプルな構成ゆえにサビ裏で挿入されるストリングスが異様に映える。
そこにハチの歌詞が合わさり、作品の世界観を二重にも三重にも複雑に絡み合う重厚なものとしています。


そして次の作品の爆発的ヒットが、かつてのハチとは違うハチヘの変化と彼の実力をさらに周囲へ知らしめるものとなりました。



次回はマトリョシカから2ndCD発売までは最低でも書ければと思います。
毎度長文にお付き合い頂きありがとうございました。ではでは


花束と水葬 [ ハチ ]

価格:2,057円
(2017/4/30 21:33時点)
感想(0件)




【中古】花束と水葬/ハチCDアルバム/アニメ

価格:980円
(2017/4/30 21:34時点)
感想(0件)


Comments - 0

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。