スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

りんこさんのCDに2曲書き下ろしました

じゅ、14ヶ月ぶりのブログです・・・!お久しぶりです



何度か歌ってみたのMIXでお手伝いをしていた
りんこさんのCD「The World」に2曲書き下ろしました。(作詞はりんこさん)
まめみさんのCDに楽曲を提供して以来3年ぶりにボーカル曲になりました。

今週土曜日の屋根裏遊戯というライブで頒布される予定です。

今回は宣伝も兼ねてその曲についてつらつら書こうと思います。
(クロスフェードデモがアップされて自分の楽曲の正式名称を知りました)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

1.white,blue Theater


GUMIに歌わせるために温めていたところにちょうど今回のお話をいただいて、
りんこさんの声のイメージにも合うという思いもあり自分から提案して作らせていただいた楽曲です。
仮タイトルだった「kirarinko」っていうのも個人的に気に入ってたのですが、
後から変更になったようです。

メロディを作る段階では色んな曲からのインスピレーションを咀嚼して
頭で撹拌させながらひとつひとつのパーツを組んで完成させました。
かなりいいものが出来たと思ってます。特にBメロ

サビのメロディはほぼ出来てて、(というか毎回サビのメロディが浮かんでから他を作る作曲スタイルなのですが)
「これはYUKIやいきものがかりみたいな爽やかJPOPにするゾ」
って思ってイメージを固めるためにYUKIのベストアルバムを聞いていたら
4つ打ちのテクノとかハウスのエッセンスも入れたいなーなんて思い始めて
ダフト・パンクやケミカル・ブラザーズなどド定番なクラブミュージックも浅くですが聴き漁りました。

そんなこんなで最終的には最初のサビのイメージを継承したポップな雰囲気に落ち着いたのですが、
裏では4つ打ちキックのリズムをドシンと座らせたり、
生音系と見せかけて間奏でバキバキのシンセ入れたり、
その間奏が終わったらハードコアのリズムに早口メロディを乗せてみたり(歌いづらくて申し訳なかった)
時間はかかってしまったのですが作ってて楽しかった曲です。

なんか振り返ると「生音で4つ打ちで早口」とか昨今の流行りに便乗した感が
否めないですが(ゲスの○み乙女とか)すごく好きな曲です。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
2.私の中の彼事情

1曲目を書きすぎて飽きてきたのでさらっと書きます。
2曲ともホントに自分の中でもトップクラスに好きな曲に仕上がったのですが、
単純に最終成果物を比べた場合な好みだとこっちが若干好きだったりします。

こういう雰囲気の曲はどうしてもボカロの表現だと声の力具合の表現などに限界があって懸念してしまうのですが、
そこにりんこさんの素晴らしいボーカルが乗ったことで自分の想像以上の作品に仕上がりました。

りんこさんの声があってる、という意味ではだいさんの作ったCD2曲目の「Dirty Cross」は
りんこさんの一番美味しい音域の部分を一番気持ちいい部分でハマった作品だと思います。
(まだクロスフェードの部分しか聞いてないのですが)

今回の自分の反省でもあるのですが、曲作りで音域や息継ぎに注意するという意識が抜けていたため
今後は歌う人のことを考えた曲作りをしていかなきゃなぁと思いました。


まだ詳しくはお話できないですが、今もまた音楽を作っています。
もう当分ボカロ曲はないかもしれないですが、また何かご報告があればこちらに書きたいと思いますので
よろしくお願いいたします。

Comments - 0

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。