スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

外出たくないのでボカロのマッピングしてみた

きっかけは昨日ジムのサウナで考え事してたとき、学校の先輩(俺がボカロ持ってるってことだけ知ってるDTMer)にボカロ買う相談されたのを思い出して「やっぱミク買うかなぁ」って言われた時のこと思い出しました。

もちろん買うならミクで正解だと思ったし異論はなかったけど、それがもし自分が今の状況で初めてボカロ買うならどう考えたかなーってぼんやり思いました。

そうしたら何となくリンかいろはかなぁって考えて、でもそれって何でだろうと思った時にボカロのマッピングしてみようと思いました。

もちろんその時は思っただけで本当にイラレ開いて作ってやろうなんて考えてなかったんですが、今日すごく天気が悪くて外に出たくないので作ってしまいました。

軸は(サウナの中で)色々考えて「知名度」と「キャラ性」としました。

キャラ性とは作品にどれほどそのボカロのキャラクター性が反映されているものに寄り易いかと言ったことを独断と偏見で配置してます。
制作者が「自分の表現のツールとしてボカロを使って作る」のか「ちょっとでもボカロのキャラクター性を作品へ反映させるのか」という制作スタンスの傾向を示す軸です。

マッピング

こうして見ると左下(知名度低、キャラ性低)エリアがいろはの独壇場でブルーオーシャンな気がします。VY1なども加えるとここに入る気がするので様子が違ってくるかもしれませんが。あとDIVA補正でクリプトンボカロは知名度の全体的な底上げがなされている気がします。

作って思ったのが、ボカロは知名度が低いものほどキャラ性によった作品が目立つ傾向にあるんじゃないかということでした。(VY1などはこれを見越してあえてキャラをなくしたソフトとして制作された、って考えるのはちょっと買いかぶりすぎかもしれないですがなくもない気がします。)


おまけ

勝手なボカロ別ボカロPの落書き

まとめた画像

とても充実した無駄な時間でした。そろそろ学校行ってきます
  • Comment:0
  • Trackback:0

Comments - 0

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。