ボーカロイドあれこれ

昔ボカロを聞いてたけど今は聞いてないや、って人と一緒にもう一度ボカロを聞くきっかけを作りたいと思いブログを書いてます。

ハチの描く砂の惑星で生きるボーカロイドたちを考える

砂の惑星


ブログタイトルながいごめんなさい。あとブログさぼっててごめんなs


マジカルミライのテーマ曲として一部先行公開されていたハチの新曲「砂の惑星feat.初音ミク」のFULLが公開されてました。
もうまず曲が良すぎる。
この音楽的な良さについてこの記事で語る気はないのですが、米津玄師含めた作品群の中でもトップレベルに好きな曲になりそうです





本当にもうサウンドがかっこよすぎるのですが、それ以上にこの曲で描かれているメッセージでもう自分が立ち上げたこのブログで言いたかったことのほとんどをクールにカッコよく語られてしまったような気がして、記事にしようと思いました。


かつてボカロ好きだった自分の心を強く揺さぶり熱くさせ、またとても考えさせられる曲でした。
映像も南方研究所なのもまたイイ


もはや今の日本の音楽シーンを牽引する一人と言っても過言ではない多忙な米津玄師が、なぜこのタイミングで時間と労力をかけてまでボカロ曲を作り、何を伝えたかったのかを自分なりの解釈で考えてみました。


もう完全にただの米津玄師のファンブログと化していますが気にしない

スポンサーリンク
niconicoをより快適に見る方法











「砂の惑星」をもう一度思い、考えることを願う歌


PVを見ればさらに明白ですが、ここで語られる「砂の惑星」とはかつて栄華を極めたボーカロイドの世界。


曲中には自分の過去作品だけでなく様々なボカロ曲の歌詞やメタファーを積極的に取り込んだ、今までにない歌詞の方向性も垣間見えます。ハチのボカロ愛がヤバイ


かつての輝きを失った砂の惑星を、曲の冒頭で「今後千年草も生えない」などとかなり辛辣な言葉で語っています。
熱心なボカロファンが集まるマジカルミライのメインテーマ曲でボカロ界隈を「砂の惑星」と言ってしまうのだけでもかなり尖ってますがこんな歌詞の曲でもファンはサイリウムを振れるのか?といらぬ心配もしてしまいます


前作のドーナツホールもそうでしたが、米津玄師デビュー以降自分自身の中にある想いは自分の歌で消化できるようになってしまったためか、ボカロ曲ではボカロの存在そのものについて言及するテーマになっているように感じます。





他のクリエータが描いたボカロの世界から、ハチの「砂の惑星」に至るまでの道を辿ってみる

とは言えそういったボカロの存在そのものや、それらを取り巻く世界そのものについて語るような作品は数多くあります。


初音ミクが出始めの頃の2007年(もう10年前・・・・!私はまだ高校生でボーカロイドの曲を聞いたことがなかった時期ですが)はその存在自体の特異性から、彼女のキャラクター自身をテーマに扱うような曲が多くあったようですが、


そこから2008年以降になると、ボーカロイドが市民権を得るに従って主流のテーマはボーカロイドから離れ一般的な商用音楽に近い、クリエーター自身の視点から描かれた世界や作家性を表現するものに変わっていきました。




そこから人気が沸騰し、ネットの世界を飛び越え様々な資本が流れ込み、ボーカロイドの世界は異常なまでの膨張を見せます。


そんな最中にあった2012年あたりには、その肥大化したボーカロイドの世界を捉えなおそう、今一度立ち止まってボーカロイドの存在を冷静に見つめ直そうとする機運が出てきたように感じました。
そこで、ボカロ自身のことではなくそれまであまりテーマとして語られることのなかったそれらを取り巻く「ボカロの世界」自体について語る楽曲が生まれて来たように思います。


当時非常に話題となったGoogle×初音ミクのCMに起用されたlivetuneの「Tell your world」は、混沌とした世界の中でボカロの存在を捉えなおし、タイアップのテーマとも上手く絡めて生み出された名曲でした。



この初音ミクが生み出した大きなうねり、ネット上で一般人が自分の表現したい思いを音楽、映像、絵などで具現化し、それらがネットを通じて知らない誰かへ届いている感動、そしてそのひとつひとつがつながってひとつのボーカロイドという世界を生み出している喜び。
さらにそこから生まれる「自分もボカロの世界を作っている人間だ」という小さな誇りを一人ひとりが胸に秘めて創作をする世界がありました。


そんなかつて一人ひとりが当たり前に感じていたはずのことを、素敵な言葉で再認識させてくれた楽曲だった気がします。






だがしかしそんなボカロフィーバーも長くは続きませんでした。


人気のあったトップのクリエーターたちは次々とボカロから手を引き、ボカロを取り巻く世界はどんどん冷え込んでいきました。


そんな2015年には初音ミクの消失でおなじみの暴走Pが皮肉をこめてこんな作品を作っていました。




この曲にも表れているとおり、もう既にこの頃にはボカロに対しての見方はいずれも悲観的でした。


かつて人が行き交い、光り輝いていた世界はその輝きを失い、廃墟と化そうとしていました。





ハチの最後の想いを託した曲

ざっくりとそんな経緯で「砂の惑星」と化したボカロ世界ですが、この曲を聞くとまたボーカロイドの世界に飛び込んでみたい!と思わせる力強いメッセージが込められています。初音ミクを通してハチが号令をかけているような、そんな気がしています。
(まるで本当に初音ミクが世界に向けて号令をかけているように見せているPVも素晴らしい)


作品の方向性の違いですが、「Tell Your World」も「リアル初音ミクの消失」もテーマとしてはボカロの世界を俯瞰して捉え、事実を述べているにとどまっているのに対し、「砂の惑星」はそこから一歩踏み込んでハチ自身の思いが表現されています。
この点がやはりハチが"アーティスト"たる由縁でしょう


(歌詞より引用)
「君が今も生きているなら 応えてくれ僕に」
「君の心死なずにいるなら 応答せよ早急に」



ボカロから手を引いてしまったクリエーターやボカロがかつて好きだった人たちへ向けたメッセージでしょう。

「もう一度ボーカロイドで面白いことしてみたい、ボーカロイドならできるんじゃないか」というハチのボカロへの愛も感じられます。


そして、ボカロにとっての最大規模のライブである「マジカルミライ」のテーマソングとしてこの曲を書き下ろした意味も考えさせられます。


ある意味その「マジカルミライ」に集まった人たちに米津玄師、ハチとしての願いを託しているようにも感じられます。


こんな砂の惑星で、今でも初音ミクを好きで居てくれる人たちをハチは自分の願いを託す者として選んだ、そしてそのメッセージが砂の惑星の中心であるマジカルミライの会場で響きわたる・・・なんて妄想すると胸が熱くなりますね私はまだ行ったことありませんが・・・



色々御託を並べましたが、歌詞の内容がなくてもサウンドとして本当にカッコよく、またライブで盛り上がるコール的な要素(サビの「イエーイ」とか)まできちんと入れて「マジカルミライのテーマソング」として完成させられている点がまたすごい。


余談ですが、実はわたしは今日これから行くフェスにTell Your Worldのlivetune氏も来るとのことで楽しみにしています。

私も砂の惑星にまた飛び込んでみたいなぁ

「マジカルミライ2017」OFFICIAL ALBUM [ 初音ミク ]

価格:2,049円
(2017/7/22 13:00時点)




初音ミク「マジカルミライ 2016」(Blu-ray限定盤)【Blu-ray】 [ 初音ミク ]

価格:8,748円
(2017/7/22 13:01時点)




Tell Your World EP(通常盤) [ livetune feat.Hatsune Miku ]

価格:1,377円
(2017/7/22 12:59時点)


米津玄師とハチ 別人説3

マトリョーシカ


なんか5月は色々あって更新をサボってしまい約1ヶ月ぶりの更新となってしまいました。

前回記事でリンネリリースまでの部分をニコ動見て思い出しながらつらつら書きました。

悲しげで、どこか不安定なそれまでのハチの音楽性は、ゴリゴリとしたバンドライクなサウンドへと変化していきました。



スポンサーリンク
niconicoをより快適に見る方法











ハチとボーカロイドの終点

リンネリリースで(私に)とてつもない衝撃を与えたハチが間髪入れず1ヶ月としないでリリースした作品。


ハチというよりもボーカロイド界隈の代表作と言っても過言ではない大作となりました。


リンネではゴリゴリのバンドサウンド故にハチらしさがかえって後ろに隠れてしまっていた印象があったものの、この曲では従来の音使い(とち狂ったドラム、グロッケン音など)を根底に据えながらもギターのカッティングやリフが全面に出たバンドフィーチャーなサウンドに仕上げられています。


このころのボカロ界隈はニコニコの外のメディアからの注目も非常に高かった時期で、それに応えてか否か界隈全体の音楽の方向性がある程度定型化されつつあった時期だった印象がありました。


それへのアンチテーゼか、はたまたハチ自身もその流れを汲んである程度同調しようと思ったけど結果全く違うものができてしまったのか(曲を聞き返して色々考えたのですが、個人的にはどちらかというとリンネ以降は後者のスタイルだったのでは、と最近は考えたりしています。)とにかく今まで聞いたことないような新しい世界観を提示した曲だった気がします。


1分25秒あたりからが危うい、ヤバイ、GUMIの歌とギターリフが真正面からケンカしている


ただそれが奇をてらったで不協和音などではなく、ハチ独特のバランス感覚で一曲の中にしっかりとパッケージングされているのがすごい。
この感覚でトリップを経験したファンにとって米津玄師デビューアルバム(diorama)は本当にタマラナイ


個人的にはサビの転調の作りが若干ザツな印象があったり、メロディ職人のハチとしてはちょっと音の運びが物足りなかったりと別の意味でハチらしくない面もあったものの、サウンド的には後のパンダヒーローやらメジャーデビューやらに続くバランス感覚はこの曲で完成させられたものと考えてしまいます。


そういった意味で、その再生数や知名度以上に、ハチの音楽の変遷を考える上で大きな意味を持った楽曲でした。





最高傑作「OFFICIAL ORANGE」

マトリョシカの熱が冷めきらぬ最高のタイミングで2ndアルバムのリリースが発表されました。



当時このクロスフェードをどれほど再生したことか、


まず1曲目からすごい!CD発売後の年明けに動画がアップされたパンダヒーローはこの頃は未発表曲扱いでフルがどんななのか気になってしょうがなかった記憶があります。


他にも白痴やらハチ自ら歌唱している曲やら色々と好きな曲はあるのですが、とりあえずそれは置いておいて、このCDのすごいところはこれまで語ってきた「ハチ」の音楽の変遷が凝縮されていること。
それは当時以上に、今にこそ聞き倒す価値のあるアルバムになっていると思います。


ハチの音楽がマトリョシカやパンダヒーローへ至るまでの軌跡をこの一枚で見ることが出来る、ハチのボーカロイド活動のBEST版と言っても差し支えない濃厚な内容です。


[枚数限定]OFFICIAL ORANGE/ハチ[CD]【返品種別A】

価格:1,686円
(2017/6/4 21:16時点)
感想(0件)






やっぱりすごいパンダヒーロー

このアルバムの一曲目で後に動画付きでアップされた作品。一度米津玄師のライブでもセルフカバーしているのを見ました。すごくヨカッタ(小並感)



この曲、サウンドもめちゃくちゃカッコイイのだけどとにかく歌詞がすごくイイ

(パンダヒーロー歌詞引用)
廃材にパイプ 錆びた車輪
銘々に狂った 絵画の市
黄色いダーツ板に 注射の針と
ホームベースに 縫糸の手

お困りならばあいつを呼べ
送電塔が囲むグラウンド
白黒曖昧な正義のヒーロー
左手には金属バット

ノイズだけ吐いて 犬ラジオ
フラフラにネオン バニーガール
相場はオピウムの種一粒
奥の方に呑まれていく

「一つ頼むぜ、お願いだ」
カラカラの林檎差し出して
何でもないような声で愚図って
さあ 何処にも行けないな

パッパッパラッパパパラパ
煙る 蒸気 喧騒の目
パッパッパラッパパパラパ
ここで 登場 ピンチヒッター
パッパッパラッパパパラパ
あれは きっと パンダヒーロー
パッパッパラッパパパラパ
さらば 一昨日 殺人ライナー




前回記事でも言及した通りやはりハチ自身からの世界観の説明はなくなっており、解釈の手がかりは無造作に置かれた言葉たちと後にリリースされた動画のみ。


それによってか、ネットをフラフラ見てると色々とこの歌詞の解釈があるようですが、(パンダヒーローは薬物中毒者でどうのこうの、など)この歌詞のすごいところはそういう細かい考え抜きに、曲を聞きながら耳に入ってくる単語を単発的に理解するだけでも曲の世界観やストーリーが構築されていくところ。
そしてその言葉の使い方に説明臭さやくどさが全くなくすごく気持ちいい。


歌詞は人を感動させるような物語や展開を語るものではなく(それでは小説になってしまう)、メロディに乗って言葉が聞き手の脳に解釈されるまでをどれほど気持ちよく設計できるのか、をまず念頭に置いて言葉をデザインするものでなくてはならないと思うのですが、まさにこの曲はそんな「歌詞の喉越し感」がすごく気持ちいい。


冒頭からサビ前の「さあ、どこにも行けないな」までの歌詞でこの曲の退廃的な世界観と主人公のヒーローの役割やちょっと消極的で後ろ向きな人柄までが語られています。
このサビ前でちゃんと物語を主人公がバッターボックスに立つ手前まで展開しながら、サビ前ではこれまで沈黙をしていた主人公の心の声(ぼやき)がいきなり挿入されるらへんもスゴイ。
曲と歌詞との演出がが映画的に作り込まれていて、サビ前の一文で一気に聞き手を曲の展開に集中させています。


かと思ったら曲の中で最も重要なサビ冒頭部分の歌詞を「パッパッパー」にしてしまう。どこのSoul'd Outだよ


聞き手を引きつけといて、いきなり突き放す、かと思ったら実は「パッパッパー」はグラウンドの選手入場時の入場音に見立てたものとその後に気付かされる。


煙る蒸気喧騒の目、登場するピンチヒッター、「あれはきっとパンダヒーローだ」という観衆の声、


パッパッパーの音で区切られながら情景描写を挿入することで徐々にその情景が浮かび上がってくる。ここにも言葉の映像演出センスが光っています。
それが曲の流れに自然に組み込まれており、初見でもすんなり言葉が頭に入ってくる、そして何より気持ちがイイ。
歌詞カードをよく読むとたしかに色々な伏線が張られているような歌詞ではあるのですが、そんなことはどうでもよくなるくらい言葉が歌詞として完成されている、そんな素敵な曲でした。




ハチの遺作「Christmas Morgue」


動画のリリース時期的にはパンダヒーローよりも前なのですが、OFFICIAL ORANGE発売後の発表だったためCD収録はなかった曲。
そのため「Persona Alice」以降ハチ名義単独で発表した作品で唯一どのCDにも収録されていない楽曲(のはず)


音の使い方、雰囲気などが今では懐かしい昔のハチの姿が意図的に作り出されています。もうハチ追っかけをしていたボカロ愛好者からしたら涙がちょちょぎれるような楽曲


「Morgue」とは身元不明の遺体を安置する場所とのこと。
過去のハチを葬り去ったのか、といらぬ深読みをしてしまいそうな楽曲でしたが、今ではその深読みがあながち間違っていなかったのだなぁと思わされます。


前へ進むために、自らを葬り去ったハチはこの曲を最後に新曲の投稿がなくなり、2012年2月からは米津玄師として作品を制作するようになりました。





そしてボカロとの別れへ


そんなChristmas Mogue以来2年間ボカロ新曲をリリースしなかったハチが2013年に満を持してボカロ新曲を投稿しました。
それまでどちらかと言うと第三者的な語り手に徹していたハチが、初めて自分自身の思いを楽曲の中で打ち明けたような作品で、本当に心を揺さぶられました。


にしてもやっぱり絵が上手い。。ボカロごとの描き分けがすごいなぁ


こんな感じで文章でなく楽曲で自分の思いを語るところが本当にボカロPらしい別れだなぁと思わされます。


バイバイもう永遠に 会えないね
なぜかそんな気がするんだ そう思えてしまったんだ
(ドーナツホール歌詞より)


うおぉおぉお、、、つれえぇええ・・・・・(´;ω;`)


随所にボカロへの敬意と愛情がにじみ出ている言葉と、テンポの良い曲調とのコントラストが素晴らしい。
こういう作り手の思いや正直な感情が表現された作品というのは本当にグッときてしまいます。


そしてやはりChristmas Morgueで見せてくれたハチの姿はなく、それがかえって過去からの決別を色濃く印象付けているように感じます。

さよならハチ・・・・














2017年 ハチが新曲を発表




えぇえええ・・・・(((((゜゜;


2017年のマジカルミライ(年に1度幕張メッセで開かれるボカロのライブイベント)のテーマ曲にハチ名義で「砂の惑星」という新曲を描き下ろしたとのこと。


うわあぁああこれだけでもめっちゃいい・・・!

この数秒、数瞬の間に心をガッチリ捕えるサウンドセンスとメロディ制作力は今の日本でもトップレベルなんじゃないかとすら思ってしまいます。内容は聞き取れないけれど、歌詞の音の響きもよさげ
まだ一部しか公開されていないものの、この曲への本気度が非常に感じられます。


これまで歴代のマジカルミライのテーマ曲はボカロ界隈のトップクリエーター達がプロデュースしてきましたが、この砂の惑星はそれまでバリバリの打ち込み系中心だった過去のテーマ曲とは一線を画した音楽性を提示し、「こんなマジカルミライもいいんじゃないか」と、新しいマジカルミライのありかたをハチが提案しているようにも感じられます。マジカルミライ行ったことありませんが
この曲聴きたいがためにマジカルミライのアルバムを買ってしまいそう・・・




いやでもやはり、、いい曲だけどこれはハチじゃない・・・・、

ハチというよりは初音ミクfeat.米津玄師という感じで、嬉しくもちょっぴち寂しい気分にもなりました。
あの頃のハチとは「もう永遠に会えない」のでしょうか。


「マジカルミライ2017」OFFICIAL ALBUM [ 初音ミク ]

価格:2,049円
(2017/6/4 21:18時点)






米津玄師がハチの楽曲をカバー

怒涛、どうした米津玄師。


今月リリースのピースサインというシングルのカップリングに「ゆめくいしょうじょ」という曲が収録されるのですが、これは「沙上の夢喰い少女」というハチのボカロ曲のセルフカバーだそうで。


この曲は以前米津玄師のライブでも披露されていたのですが、その時は巡音ルカバージョンそのまま、といった感じでしたがタイトルが変更されているところをみるとかなり大幅なリメイクがされるものと思われます。


それはそれで楽しみなのですが、やはり以前のハチサウンドの雰囲気をそのまま今の米津玄師が歌ったらどうなるんだろうというような気持ちもあります。


にしても、今の米津玄師の立場を考えるとボカロ時代の活動など黒歴史化しかねないとすら考えていたのですが、それどころかかなり積極的にボカロ時代の自分を今の米津玄師ファンへも届けようとしている向きがあります。

それはボカロへの恩返しなのか、そんな義理堅さも感じられる一面も米津玄師の魅力の一つなのかと思います。

これからも米津玄師、そしてハチの動向に目が離せません


【先着特典】ピースサイン (初回限定ピース盤 CD+DVD+ピースリング) (ステッカー付き) [ 米津玄師 ]

価格:2,052円
(2017/6/4 21:29時点)







まとめ:米津玄師とハチは別人か

これまで3回にわたってハチの記事を書きました。自分でもバカじゃないかと思うほど長い文章になってしまいました。


色々ハチの音楽を聞き直して感じた彼の魅力は、その時々によって彼自身の環境の変化に合わせながら音楽が変化していったこと、そして何よりその時々で人の心に残る音楽を生み出し続けていたことにあると思います。


他の有名ボカロPではこのような音楽性の変化のようなものはあまり感じることが出来ません。


それは様々理由があるように思うのですが、ひとつにそもそも有名になるボカロPは自分の得意な音楽性を熟知した上で作品の方向性をセルフプロデュースしている部分にあると思います。


有象無象がひしめき合うアマチュアネット音楽世界の中で無名から這い上がろうとするには、単純な音楽ガチンコ勝負での技術の高さが求められます。そうでもない副次的な要因が作用した場合(例えばサムネイルと曲名が秀逸であったり、第三者作成動画にピックアップされたり、、)もありますが、やはり技術力と経験値の高さはどうしても必要に感じます。


しかしハチは、その独特の世界観で不完全ながらもボカロ愛好者を魅了し、そこから多くの人と出会い、さらにスキルを磨き上げ、音楽を変化させていきました。


しかしその過程で生まれた作品たちもそれぞれが魅力的で、ひとつひとつが異なる光を放つ作品のように感じます。


そこには時間軸と並行した単純で一軸的な成長という言葉では語り得ない、その時々のハチの顔がありました。
もし過去の作品と現在の作品を横に並べて明らかに過去の作品が見劣りするものであれば、それは一人の人間の成長という言葉で語ることが出来るでしょう。


しかし米津玄師とハチの楽曲をならべてみても、どうしてもそのような成長という言葉が当てはまりそうにもありません。

それらの楽曲群を聞いていると米津玄師とハチという二人の人間の像が透けて見えてくるような気さえします。

考えると、2017年の米津玄師はそんなハチとの共作の手段を模索しているように感じます。

2017年、もう一度ハチの曲を聞いてみると、軽い気持ちでブログを書き始めたらこんな長文をだらだら書いてしまうくらいの新しい発見があると思います。ヨ

花束と水葬 [ ハチ ]

価格:2,057円
(2017/6/4 22:19時点)



OFFICIAL ORANGE [ HACHI ]

価格:2,057円
(2017/6/4 22:20時点)


「ボカロっぽい音楽」を考える

amazarashi

GWが終わってしまいました。今年は9連休だったので会社への行き方を忘れてしまいそうでした。

ちょっとハチの記事を休憩して表題のことについて最近考えていたのでブログにしようと思います。

こんな記事書いておいてなんですが、結局いまだに「ボカロっぽい音楽とはなにか」についての見解が持ててないのと語彙力が貧弱なのとで、ものすごく抽象的な話を続けるブログになります。

※この記事を書くにあたって@PhiloMandPさんの「ボカロ曲に共通した音楽的特徴はあるか 」を一部参考にさせていただいております。


niconicoをより快適に見る方法

初音ミクはなぜ世界を変えたのか? [ 柴那典 ]

価格:1,728円
(2017/5/8 20:32時点)







「ボカロっぽい」を考える意義

私はくっそ長い記事を書いちゃうくらい米津玄師好きです。


以前の記事でも言及しているとおり、メジャーデビューしたボカロPの中で最も成功しているPと言えると思います。


彼の活躍に特筆すべき点は、ニコニコ出身にも関わらずアニメやゲームなどいわゆるオタク系コンテンツに活動の枠がとらわれていないところにあると思います。


しかしそれ以外にも多くの才能あふれるボカロPがメジャーデビューしているのに、このような活躍の幅に差が出てしまうのはなぜなのでしょうか。


プロデューサーの力、事務所の力、本人の自己ブランディング力、モチベーション、運、、
など様々あると思いますし、「これだ!」というシンプルな答えのない問題でしょう。


ただ、もしニコニコの中でガラパゴス的に成熟した「ボカロっぽい」音楽的な特徴、音楽性があるならば、少しその点が明確になる気がするのです。


オタク系コンテンツにはそういった「ボカロっぽい音楽」は歓迎されるが、それ以外の分野に派生しづらい。


逆に「ボカロっぽい音楽」から方向性を変えれば、もしかしたらもっと多くのメジャーデビューボカロPが様々な分野に活動の幅を広げることが出来るのではないか、そんなことを考えたりしました。





そもそも「ボカロっぽい」音楽は存在するのか

とはいえ私は「ボカロっぽい曲」なんてないのでは、と考えていました。
「ボカロっぽい音楽なんてのはなくて、あるのは個々のボカロPの作家性じゃないか」と。


違う言い方をすれば、ボカロの音楽はその歌を「たまたまボカロが歌っている」だけで、その音楽性の共通項などは存在しないと考えていました。


つまりボカロ曲をそのまま人が歌ってしまえば、ニコニコ動画を飛び出してMステだろうが紅白だろうがに出ても、ボカロを知らない人にも違和感なく受け入れられるものと思っていました。




とはいえ「ボカロっぽい」を定義づけることは出来る気もする

しかし、ボカロ曲唯一とも言える全曲に共通する「ボカロを使っている」という点から音楽的な特徴を見出すことはできるのではないか、と考えました。


音楽を作る際に関わってくるボカロの特性が以下のようなものがあると思います。


良い点
 ・一般的な音楽を作る上でなら無理な音域はほぼない
 ・息継ぎが必要ない
 ・変拍子、転調、超高速発声などを難なくこなす

悪い点

 ・声自体に力を出しづらい
  →味が出づらい、印象に残りづらい


このため「悪い点」をごまかすために「良い点」を前面に出すような音楽作りの方針が一つ考えられます。


例えば

 1.声に力がない分メロディの起伏や集めのコーラスで歌自体の力を底上げする
 2.人に歌えないような歌唱法をさせる     など


しかし1に関しては別にボカロ以外の音楽でも言えることであるし、逆に2に関してはボカロPの中でも一部の人に見られる傾向であって全体を定義づける特徴としては弱い気がします。


さきほど紹介した@PhiloMandPさんの「ボカロ曲に共通した音楽的特徴はあるか 」では音楽のMIXや転調(移調)の傾向について言及しており目から鱗でした。。




ササノマリイはボカロっぽい!

まぁそんなことを考えてはみたものの、頭の片隅には結局「ボカロっぽいなんて定義付けは不可能」という考えがありあまりそれ以上を考えることはしていませんでした。


ところが、ある音楽との出会いが私の頭の中の議論を再燃させました。





ああ、なんかボカロっぽい・・・!


知っている方やましてやファンの方には大変失礼なのですが、私はササノマリイさんの正体を知らずにこの曲を聞いていました。


PVもカッコイイし曲も素敵だし、何よりなんかボカロっぽい音楽に惹かれてググってみるとなんとボカロPではありませんか!(ホントに知らなくてごめんなさい)※ササノマリイについて


しかし、この曲の何が私の頭のボカロアンテナに引っかかったのかがわかりませんでした。


確かにこの曲はボカロっぽい!と思ったのですがその理由がわからなかったのでもう一回定義を見直してみることにしました。
今までの考えも基盤に置きながら、改めて以下のような定義を考えました。

 1.暗い物語性を匂わせる歌詞
 2.多めの楽器隊
 3.サビで一気にアゲアゲになる感じ


そしてこの定義を証明すべく、逆にボカロとは関係ないけどこの特徴を持っているアーティストを探して自分自身のボカロアンテナが反応するかを実験しました。




amazarashiはボカロっぽいか

さて、先程のボカロっぽいの定義(改訂版)とその実験を思いついたときに最初に浮かんだのが「amazarashi」でした。


さらに幸いなことに彼らの音楽を私はほとんど聞いたことがなかった(友人がカラオケで歌ってるのを聞いていた程度だった)ので、ゼロベースに近い状態で音楽を聞くことが出来ました。


さあ、レッツリスニング




いや、これはもう・・・・













ボカロっぽいでしょ!
にしてもPVグロすぎでしょ・・・



アンチボカロのamazarashiファンが居たら大ブーイングの嵐が吹き荒れていそうですが、もう私のアンテナが反応したので異論は認めません。amazarashi(の少なくともこの曲)はボカロっぽい!
やめてやめて刺さないで


エモーショナルに主張するピアノ、暗い歌詞、

これはもうボカロっぽいよ!
メグッポイド、がくっぽいど、ボカロッポイヨ!

やったね、たえちゃん!僕の考えの正当性が証明されかけてるよ!




神聖かまってちゃんはボカロっぽいか

調子に乗って、次に自分の頭のなかで思い浮かんでいた「神聖かまってちゃん」の曲を聞いてみることにしました。
神聖かまってちゃんに関してはアルバムも数枚聞いていたので、心を真っ白の状態に戻し、フラットな状態で聞いてみることにしました。

レッツリスニング












あれれ、なんかコレジャナイ感・・・



かまってちゃんの力が強すぎるのか、ボーカルの子の声の存在感がありすぎるのか






ということでこのブログをそろそろ結びに入ろうと思います。

ボカロっぽい音楽の特徴



 1.暗い物語性を匂わせる歌詞
 2.多めの楽器隊
 3.サビで一気にアゲアゲになる感じ

   ※ただし、神聖かまってちゃんのようなバンド自体の存在感が前面に出すぎている場合は除く




何を言っているのか分からない




タカラバコ (期間生産限定盤 2CD) [ ササノマリイ ]

価格:1,620円
(2017/5/8 20:36時点)



BP1796バンドスコアピース 季節は次々死んでいく/amazarashi / フェアリー 【メール便なら送料無料】 【バンドスコア】

価格:810円
(2017/5/8 20:38時点)
感想(0件)



夕暮れの鳥/光の言葉 [ 神聖かまってちゃん ]

価格:1,620円
(2017/5/8 20:38時点)


米津玄師とハチ 別人説2

リンネ

1stCDリリースが大成功に終わり、その勢いをそのままにその後も約月一の投稿ペースを守りながら活動を続けました。

そんな彼を世間が見逃すはずがありません。
ここまでイラストから動画制作までほとんどすべて自作していた彼が、積極的に他のクリエーターたちとのコラボを行っていきます。
それが関係してかせずか、彼の表現の方向性や音楽にも変化が現れていきました。
※彼の音楽の特徴については「米津玄師とハチ 別人説1」を参照


今回は1stCDリリース後から「リンネ」リリースまでの彼の音楽性の変遷を辿っていきたいと思います。
※当初はこのブログ(2)で最後まで書くことを考えていたのですが、、次回かその次くらいには完結させます。ごめんなちゃい





南方研究所との共同制作と音楽の転換


花束と水葬に収録されているclock lock worksでの協働を皮切りに、以後メジャーデビューアルバムまでともに作品を作っていたアニメクリエーターの南方研究所とのコラボが活発に行われました。
※参考【ニコニコ動画】【オリジナル曲PV】clock lock works【初音ミク】
※もともとは南方研究所がハチのPersonaAliceの二次創作をおこなったことがコラボのきっかけでした


南方研究所の作る動画は世界観やストーリーの説明が乏しく、一見すると(いや、二見しようと三見しようと・・・)さっぱりな内容だったりするものが多いのですが、それがまた意味深なハチの歌詞と上手く調和し、独特な質感を持った作品となっていました。


CDに収録された【ニコニコ動画】【オリジナル曲PV】THE WORLD END UMBRELLA【初音ミク】のリメイク版「WORLD'S END UMBRELLA」は、もともとハチ自身が作成していた動画の世界を基軸に、音楽と同様に新たな作品としてリリースされました。




3ヶ月後には南方研究所とのコラボ3作目の「沙上の夢喰い少女」(動画削除済※運営の手違い?で消されたという話も)、さらに2ヶ月後には新たな作品を発表。

このクオリティの動画を数ヶ月で作ることができるものなのか。。。と当時感心していました。


それにしてもこの「ワンダーランドと羊の歌」、素敵な曲ですが聞いた時ちょっと違和感というか驚きを感じました。


なんか、ハチっぽくない・・・・



起承転結のあるストーリー、トチ狂ったドラム、ゴキゲンなグロッケン音、
ハチらしさを構成していたいずれの要素もこの作品では感じることが出来ません。


そう言えば以前のような物語の世界観の説明はこの作品以前からほとんどなくなっていました。


作品の底に流れていたドロッとした質感もこの作品からは受け取れません。
なんかサビの裏で鳴るシンセなのかかすれたミクの声なのかわからない「ランララランララ」というフレーズがドラムと絡んで祭り囃子のような軽やかなリズムを刻んでいていて底抜けに明るい。てかなんでそんな音の使い方思いつくんだよ天才かよ


こんなの、僕の知ってるハチじゃない!うわーん!





実はハチの2ndステージを匂わせていた「ニルギリ」


実はこの兆候はワンダーランドと羊の歌リリースの数日前にリリースされた「ニルギリ」からも受け取れます。


これはニコ動で公開されていた自主制作アニメのEDとして作編曲ハチ、作詞抱きしめたトゥナイト(ちょまいよ)によって作られた作品で、細かいことはあまり説明できる自信がないのでニコニコ大百科など読んで下さい。


にしてもこの曲はいい!こんな感じでシンプルに素敵な曲をかけてしまうことが現在の米津人気を下支えしていると考えても過言ではないと思います。
「1分30秒におさめてくれ!」と制作者側から依頼されたのかな、というのが想像できる曲の長さで、それでもきちんと音楽を完結させてるらへん、アーティストではなくクライアントの要望に答えるデザイナー的な一面も見せられた気がしました。


にしても「シンプルに」と書きましたがこの小気味の良いギターカッティング、ミニマムなバンド構成で作るグルーヴ感、やっぱり全然ハチっぽくない・・・。
あの暗く粘着質な雰囲気はどこ行ったんだ、ドロドロどころかサラッサラだよ・・・
亀田誠治プロデュースと言われても信じてしまいそう、いや、曲はそれくらい本当に素敵な曲なのだけど


あと抱きしめたトゥナイトさんの歌詞もイイ。
「牛乳瓶で体育教師ぶん殴る」とか耳に嫌でも引っかかるフレーズを作っておきながら、最後のサビではそれまでの様々な言葉を1本の線として結びつけるような物語の決着点をこの短い曲の中で完成させています。
※この歌詞が好きすぎて色々Twitterで呟いてたら幸運にもその後抱きしめたトゥナイトさんに自分の作品を作詞をしてもらえたりしました(探してみてね)


あれ、でもなんかいいことづくめのような、、、いやいや、こんなのハチじゃないやい!てやんでえ!





ダークなハチが戻ってきた!
→ゴリゴリの武闘派ギターマッチョになってた





うわぁああハチが帰ってきたー!!このドラム、暗さ、俺達のハチだー!!

いやいや、このゴリゴリのギターサウンド、今までに聞いたことないくらいにバンド感を前面に押し出した曲調。


最初に断っておくとこの曲は私個人としてはハチの好きな曲BEST5に入るくらい好きなのですが、花束と水葬ではあれほど全曲で前面に出ていたハチの十八番のグロッケン音もやはりありません。


異なる表現を模索していたのか、様々な人とのつながりの中で彼の中に変化が現れたのか、(私はその両方と思ってますが)


とにかく彼の作品は変わりました。

書き始めたらまた長くなってしまったのでそろそろ第2部をたたみにかけます。


音楽はオーケストラ音源や環境音などを巧みに使った幻想的なものから、地に足の着いた、ライブ感のある生の音を前面に出すようになりました。


そしてハチが語らなくなった物語は、作者が「語る」ものから受け手に「感じさせる」ものへと変化していった、ということも言えると思います。


そこには自分が「作る」ことで完結していた作品を、そこからさらに周りといかに「共有」するかを考えだしたハチの思考の変化があったのではないかと分析しています。


音楽はよりシンプルな構成でLIVEなどでもコピーしやすく、盛り上がるものに、
物語は、作り手が語ってしまうのではなく、受け手が想像し、それぞれが解釈する余地を残しておくようにした



しかしそのような変化を取り入れても天才ハチが醸し出す世界観が作品の根底に強固として存在し続け、このリンネを聞く限りハチをハチたらしめることに何の支障も見て取ることが出来ません。


シンプルな構成ゆえにサビ裏で挿入されるストリングスが異様に映える。
そこにハチの歌詞が合わさり、作品の世界観を二重にも三重にも複雑に絡み合う重厚なものとしています。


そして次の作品の爆発的ヒットが、かつてのハチとは違うハチヘの変化と彼の実力をさらに周囲へ知らしめるものとなりました。



次回はマトリョシカから2ndCD発売までは最低でも書ければと思います。
毎度長文にお付き合い頂きありがとうございました。ではでは


花束と水葬 [ ハチ ]

価格:2,057円
(2017/4/30 21:33時点)
感想(0件)




【中古】花束と水葬/ハチCDアルバム/アニメ

価格:980円
(2017/4/30 21:34時点)
感想(0件)


米津玄師とハチ 別人説1

米津ケンシ


今や「米津さんサイコー!!え?ボーカロイドってなに??」なんて言う小・中学生がうじゃうじゃいそうで戦慄しています。

「初音ミク聞いてる人周りにいたけどみんな暗くてキモかったww ああいう人たちはさぁ、米津さんとかの流行りの音楽聞いたほうが絶対いいのにwww」なんていう女子高生がロッキンのTシャツにタオルを纏って今年もフェスに向かうに違いない。いずれも偏見ですが。


ボカロ界という混沌の輪廻の中から多くのPがメジャーの世界への解脱を繰り返していた中、彼を最たる成功者と呼ぶのに異論を唱える人は少ないと思います。
新曲が出るたびにジャンル問わず大型タイアップがかかり、中田ヤスタカやRADWINPSからラブコールされる、自分を含めボカロ時代から彼の音楽をリアルタイムで聞いてきた人たちでも、こんなことになることを予想できていた人などいるのでしょうか。


米津玄師の人気についてと考えるのは未来の記事にあずけて、あえてこの2017年に「ハチ」の作品を通じて自分の視点から彼の足跡を辿ってみたいと思います。
ハチの作品を聞けば聞くほど、米津玄師とハチは別人だ、と思わざるを得ません。


記事を書くために当時の音楽を聞き直していたらいろいろと思い出してしまい、とても一回で書ききれない量になってしまったので、いきなりですが彼がボカロ時代に出した2枚のCDを区切りに前編(1枚目のCDが出るまで)後編(2枚目が出るまで)に分けてブログを書きたいと思います。





ハチ音楽の特徴
異彩を放っていたハチ作品。その特徴を独断と偏見で挙げると

・世界観が具体的で起承転結のはっきりした物語
(それゆえに曲中の歌詞では説明しきれないため、動画と投稿者コメでの補完が必要になる)

・トチ狂ったドラム

・ゴキゲンなグロッケン(的な金属?)音


があげられると思います。これらは時代が進むに連れてどんどん変質していったのですが、ひとまずこの「1」のブログで触れる1stアルバムリリースまでは少なくとも基軸を担っていた要素でした。
※「いやいや、彼の特徴はナイスな歌メロだ!ベースラインだ!」という異論は様々認めます


そんな彼は2009年、突如として降臨し、2ヶ月ほどの間にボカロ界隈の最重要クリエーターの一人となりました。






得体のしれないやばい何かがやってきた


それは突然、ニコニコのランキングに現れました。顔の塗りつぶされたミクっぽい謎のイラスト。動画再生直後の冒頭にいきなり語られる謎のストーリー。
気になってホイホイクリックした人の多くがこの投稿者の「ヤバさ」に気づいたと思います。


お世辞にも綺麗に仕上がったとは言いがたい音、耳に残る不協感、ガリッガリに中低音を削られたカサッカサのミクの声。
でもまるで剃刀の刃を肌すれすれまでに押し付けようとしてくるような音楽。何だ、なんかこの人やべえ。


しかも動画はペンタブを持っていないのでマウスで描いたと。。なんだこの異常表現欲求者は
普通ネットに自作のイラスト動画を上げようと思った時点でペンタブが無かったらあきらめるか買うだろ。


その表現欲求たるや、河原で拾った全く興味のない熟女モノのエロ本を使って半べそで自慰する中一男子の性欲のごとし。
何からなにまで規格外のヤバさにボカロ界隈も当時ようやく普及しきったTwitterでざわついていたような記憶があります。
なんか去年からはいきなり踊りだしたりと、表現に対する貪欲な姿勢は本当に一貫しています


彼の作品を聞いて考えるのは、彼の創作とは頭の中に描きたい確固たるイメージがあって、それらを絵なり音楽なり物語を駆使しながら現実の世界に実態を伴った形として描き出す作業だったのではないかということ。
このPersona Aliceの持つヤバさはそんなことを考えさせてきます。


音楽に限らず、意図的に人に違和感や不協感を与えて印象づける手法というのはありますが、それらは逆にその世界の基盤となるルールや規律を理解しなければ表現できません。
ルールを破るには、そもそもルールを知らなくてはなりません。


しかし彼の音楽から漂うヤバさは、どうもそういった計算の上で意図的に作られたものとは違う質感を纏っているように感じます。


彼のイメージを表出させる作業は、頭のイメージに近い音をパソコンソフトから探し出し、キーボードを一音一音叩きながら近い音階を見つけて、つなげて、作りあげたような印象を受けます。
そこでは世間のルールや規律などは棚上げされ、ただただ彼の思い描く「イメージ」を頼りに音を探り探り作っていった、そんな気がしてなりません。


彼の頭の中のイメージを現実世界に実態として出現させるための彼の創作活動は、彼の世界の純度を限りなく保ったままの作品を産み落とすことを成し遂げ、その作品は多くの人に衝撃を与えました。
※あの特徴的なかさっかさの初音ミクの声もMIXが上手く行かず中低音域をオケが専有してしまうため、それでも声を聞かせるための苦肉の策として試行錯誤の末に生み出されたものではないでしょうか。






得体の知れない何かがこちらに近づいてきた!


そんな彼が放った次作、Persona Aliceから1月とたたずにリリースされたこの作品はまた違った衝撃を与えました。

特徴であるテキストの多い物語、ドラム、グロッケンはそのままに、前作とは打って変わったハイテンポで疾走感のある熱いメロディに「こんな振り幅を持ってるのか!」と思い知らされました、前作ではまだ身を丸めて姿を見せようとしなかった得体の知れない何かが、いきなり超高速でこちらに突っ込んできたような。


いや、それ以上にここまで曲調を変えながらも全くぶれない彼らしさにすごさを感じました。表層は変わってもその奥にある粘着質でどろっとした作品の質感が揺るぎなく存在感を示しています。
これはその後も毎回異なる雰囲気の作品を発表し続けた彼の作品どれにも共通しており、それがなんとも言葉では語りづらい「ハチらしさ」を形成していました。



この作品でさらに多くのファンを獲得し、約二週間後にさらに発表した新作「結ンデ開イテ羅刹ト骸」ではカルト的な盛り上がりを見せ、一気にニコニコ動画の最重要クリエーターの一人となりました。
その間Persona Aliceから2ヶ月余り。コイキングもビックリの滝のぼり出世でした。
(※PersonaAliceはボカロ初投稿作品ではないのですが、初ボカロ作品投稿からカルト的な人気を得るまで数えても2ヶ月程度でした)








ハチ、CD出すってよ
その後も立て続けに短いスパンで自身作のPV付きで作品をリリースし続けました。
その間にマウスでの制作スタイルを諦めて手書きスキャンに移行したり、ニコニコのアニメーション作家とコラボしたりと活発に活動を行っていきました。


音楽も「Qualia」あたりから徐々に逆再生音や変拍子などよりアンビエントやポストロック色の強い音の作り方を駆使するようになり、曲の表現幅もどんどん拡張されていきました。




そして、ついに全ボカロ愛好者待望の瞬間が訪れました。

謎のベールに包まれていたクリエーターハチの1stCD発売。即売会イベントへの参加。


アルバムの構成自体は9曲と小ぶりで歌詞カードもないミニマム設計ながら、未発表曲3曲に加えて既存曲Persona Alice、THE WORLD END UMBRELLA(収録名はWORLD'S END UMBRELLA)をアレンジ、歌詞、メロディを大幅にリメイクした肉厚な内容。本人曰く「究極の9曲」


即売会では見たこともないほどの長蛇の列ができ、噂では3000枚を売り切ったとか、そんな話まで出るくらい異常な盛り上がりでした。
即売会開場前に並んで真っ先にブースに行っても買えるかどうかという盛況っぷり、ちなみに私もその即売会は一般で行っていたのですがその列の長さに圧倒され後日とらのあなで買いました。


このアルバムの聞き所は何と言ってもむせ返るほどの「ハチ感」。ハチ汁の原液を一気飲みするような内容です。
自分の中にある世界観をそうすれば曇らせることなく頭の中の彩度を保ったまま世に送り出せるのか、ともがき苦しんだ彼の汗と爪痕が感じられる内容になっていると思います。


BUMP OF CHICKENのJupiter以前の初期のアルバムは藤原基央のセンスに藤原を含めたバンド力が追いつかず、サウンドとしては荒削りなものでした。しかしそれでも何か身体の奥に迫ろうとする凄みを感じさせられ、ファンの間でも未だに初期のアルバムは非常に根強い人気があると聞いたことがあります。
バンドが一人の天才の世界を表現するためにもがきあがいて作り上げた作品には、言葉では言い表せない激しい感情を聞く人の心の深い部分へ突き付けてきます。


サウンド的にもよく引き合いに出されていたハチ音楽とBUMP OF CHICKENなのですが、このアルバムにもBUMP OF CHICKENの姿との共通項を感じずにはいられません。


自分の世界観が先に行き過ぎてしまっていて、それをなんとか手の中にある道具を駆使し、試行錯誤と格闘を繰り返しながら貪欲に自分の世界観の表現を追い続けた天才ハチ。


彼はその後多くの人とのふれあいの中から更に自分の表現を深く洞察し、音楽表現も変容させていくのですが、この作品はそういう意味で「純度100%なハチ」の試行と格闘の軌跡を感じることが出来ます。




くっそ長くなりましたが、ここまでを前編「ハチの出現から花束と水葬リリースまで」という風にして区切りたいと思います。

ノープランで書き進めたらありえない長さになってしまいました。。次回の第二編もまた曲を聞き直してノープランで書き始めると思うのでどれくらいの長さになるのか予想できません。(これより長くなるのか、意外とあっさり終わってしまうのか・・・)


最後に、自分が花束と水葬で一番好きな曲を貼って終わりにします。
もうこの時点で絵がめちゃくそ上手いですね・・・


次回は後編「花束と水葬リリースからOFFICIAL ORANGEリリースとドーナツホールまで」

花束と水葬 [ ハチ ]

価格:2,057円
(2017/4/30 21:33時点)
感想(0件)




【中古】花束と水葬/ハチCDアルバム/アニメ

価格:980円
(2017/4/30 21:34時点)
感想(0件)